ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > トレンドウォッチ:岩波書店の「コネ採用宣言」の真相を探る

トレンドウォッチ:岩波書店の「コネ採用宣言」の真相を探る

  • 2月初旬、岩波書店がWebサイトに掲載した2013年度の新卒採用の募集要項がマスコミなどで取り上げられ大きな問題となりました。 ご存じない方のために、簡単にご紹介しておくと「社員や著者といった関係者からの推薦状のない人は、原則受け付けません」と応募資格に掲載したことが問題となりました。
  • 岩波書店
  • 課題は、採用業務の効率化
  • 民間企業が誰を採用するかは基本的に採用する側の自由であり、 人脈や紹介状の有無で選択すること自体もなんら違法ではありません。 しかし、公に宣言したことで憲法の「職業選択の自由に、反していないか」という点が問題になりました。 厚生労働省の調査では「現時点では問題は認められない」ということで決着したようですが、岩波書店の採用の現場では何が起こっていたのでしょうか。
  • 岩波書店は従業員数200人前後の企業です。 そこに、出版社という知名度も手伝って 1000人を超す応募があったそうです。 もちろん、採用する数人足らずです。 応募条件である作文の採点も、採用の担当となった社員は数日かかりっきりになってしまい大きな労力を費やしており、 今回の紹介状に関しては、本気度の低い学生の応募を回避するための苦肉の策だったようです。
  • 学生の意欲を見極める施策
  • 岩波書店では「応募者の熱意や意欲を把握したいという意図によるもの」といったコメントを出しており、「出版不況もあり、採用にかける時間や費用を削減するため」と説明をしています。
  • インターネットの普及による応募の弊害として、岩波書店と同じように採用業務の効率化が課題となっている企業も少なくないのではないでしょうか。 業種や職種の絞り込みができていない学生に対しても同様に選考の対象にしていかなくてはならないということは、企業にとって大きな負担です。 いかに学生のポテンシャルを見極めるかが企業の採用力が問われる時代になっています。
  • 問題となった募集要項
    問題となった募集要項
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook