ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > Facebookのタイムライン化は企業ブランド重視

Facebookのタイムライン化は企業ブランド重視

  • Facebookページが3月30日以降、自動的にタイムラインに強制適用されるというニュースが発表されました。
    これらの変更は、「ファンとのコミュニケーションがより重要視される」「ブランドのストーリーが求められる」といった”Facebookページの原点回帰といえる変更と言われ、大いに注目を集めています。 実際に使っていらっしゃる方々はもうご存じだと思いますが、ここで変更点のポイントをまとめておきましょう。
  • タイムライン化により、何が変わったか?
  • 従来は、顧客がある企業に興味を持った場合、はじめて訪れるページが今まではwelcomeページ、もしくはウォールでした。 現在のFacebookでは、これがすべてタイムラインに統一されています。これは何を意味するかといえば、 今までwelcomeページなどのFacebookの入り口となる玄関を見ただけで「いいね」を押すかどうか、判断しなければいけなかったのが、 タイムライン化されることによって、どんな内容を発信しているのか?どんなコミュニケーションをファンととっているのか? をじっくり見た後でそのページの「いいね」を押し、配信を受けるかどうかを決めること出来るようになったのです。

  • タイムライン
  • これは企業側からみれば、【いいね】を集めるためだけの小手先のキャンペーンや視覚的演出は通用しなくなり、どんな姿勢でfacebookページを運営しているのか?が 重要になったということです。
    つまり、タイムライン変更後は、Facebookページでの1つ1つの投稿、コンテンツの中身がより重要視されるようになります。

    しかし、恐れることはありません。
    Facebookページはファンとのコミュニケーションの場であり、企業のことをより理解してもらうことの出来る企業ブランディングの場であるという認識をきちんと理解し、 発信している企業はそのままの姿勢で、若干変更のあった手法の部分を変更するだけで、問題ないでしょう。
    「いいね!」を集めた後、ページを放置したままという企業もときどき見受けられますが、タイムライン化を機に「なぜfacebookページを利用するのか?」] 「本当に自社にとってfacebookページが必要なのか?」など、Facebookに対する企業の根本的な取り組み方を見直すチャンスととらえてはいかがでしょうか。
  • 企業のブランド化に役立つ新機能をまとめ
  • | 1 | 2 | 3 | 4 |
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook