ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > Special interview 帝人株式会社

内定者を起点に内定者の周りの人財にテイジンの存在を周知できるFacebook・帝人株式会社
  • 前回に引き続き、帝人株式会社(以下、「テイジン」) 人財開発・総務部 採用グループの猪谷朋彦氏にお話を伺いました。 →第一回目のインタビューはこちら

  • Q.内定者の視点で情報配信の頻度を改善したり、内定者の視点でコンテンツを制作したり、この活動にはいろいろなメリットがありますが、Facebookを活用したからこそ、生まれたメリットはありますか?
  • 猪谷: Facebookを活用したことで学生の立場にたったコミュニケーションができるようになりましたね。 Facebookであれば、採用Webページほど堅苦しくなく、フランクなコミュニケーションが図れますので、学生をはじめとした大学生に支持される情報発信ができているのではないかと感じています。

    たとえば、社員インタビューでは、「学生時代に何をやっていましたか?」「就職する前にやっておくべきことは何ですか?」といったような学生ならではの質問を投げかけています。 このような内定者視点が学生に刺さりやすいコンテンツの制作につながり、実際に多くの学生に読んでもらうことができました。
  • また、私たち社員は自社について尋ねられたとき、「当社の社風は、自由闊達で挑戦的な風土があって・・・」 といった紋切り型の説明になってしまいがちですが、それではなかなか伝わりにくいということで、今年は、社内のイベントに内定者が潜入する「イベントレポート」という新しい企画を立ち上げています。
    アルバムのようなデザインを採用したのも内定者からのアイデアですし、文章も手書きで書かれているユニークなコンテンツになっています。
  • イベントレポート
  • 内容も内定者自身がイベントに参加してどのように感じたかをリアルに表現しています。このようなコンテンツの制作を通じて、堅苦しくないフランクな情報を上手く配信できているのではないかと思っています。
  • | 1 | 2 | 3 | 4 |
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook