ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > トレンドウォッチ:入社の有効期限を5年に延長 株式会社ワークスアプリケーション

入社の有効期限を5年に延長  株式会社ワークスアプリケーション

  • 株式会社ワークスアプリケーション(以下、ワークスアプリケーション)は、ERP(Enterprise Resource Planning)の国内シェアNo.1(※)企業です。この企業では、採用が決定した人材に対して「入社パス」を発行するというユニークな制度を設けています。
  • 2種類の入社パスを発行
  • ワークスアプリケーションでは、10日間におよぶインターンシップによる選考を実施しています。 インターンシップでは、問題解決能力を見極める課題を与え、課題の評価を元に採用を決定しています。
    入社パスは、この課題の評価にあわせて5年間有効の入社パスと3年間有効の2種類のパスがあり、有効期間中はいつでも入社できるというもの。 パスをもらった学生はすぐ入社する人材もいますが、一旦、大企業を経てからその後転職してくる人材や、海外留学などから帰ってきてから入社する人材などバラエティーに富んでいるのが、この企業の大きな特徴です。
  • 入社の有効期限を5年に延長  株式会社ワークスアプリケーション
  • また、入社の猶予期間を設けることで、様々な経験を経て自社に入社してもらうという仕組みを作っています。 採用を決めても、入社に至らないと悩んでいる中小企業や、即戦力になる人材を求める企業にとっては、ワークスアプリケーションのように猶予期間を設けることが採用の課題を解決する突破口となるかもしれませんね。
  • <株式会社ワークスアプリケーション> URL:http://career.worksap.co.jp/
    クライアント1社1社の競争力向上のため、問題解決を経営活動の源にしており、採用においても問題解決を見極めるインターンシップを実施している。 課題の成果に加えて、どのような思考をたどったか、どれだけ考えたか、といったプロセスも考察し、採用の可否を決定している。
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook