ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > 16年新卒から就職活動は大学3年3月スタートへ

16年新卒から就職活動は大学3年3月スタートへ

  • 16年新卒から就職活動は大学3年3月スタートへ
  • 4月19日に行われた安倍晋三首相と経済3団体トップとの会談で、首相は学生の就職活動の解禁時期を「大学3年生の3月」に遅らせるようしたというニュースが飛び込んできました。
    企業の採用はどう変わっていくのか?首相の“ことば”から新たな指針が見えてきます。
  • 2013年度から12月スタートとなった就職活動ですが、2016年度からはさらに後ろ倒しになり3月からのスタートとなる見通しです。
    これは、19日に行われた安倍晋三首相と経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体トップとの会談で明らかになったもの。
    首相は「人材育成の観点から学業に専念、多様な経験ができる環境を整えるとともに、海外留学からの帰国者の就職環境改善を図ることが重要」と述べたうえで、 大学生の就職活動の解禁時期を今の「大学3年生の12月」から「大学3年生の3月」に3カ月遅らせるよう申し入れ、経済界側もこの要請を受け入れると表明しています。
    この新たなスケジュールでの就職活動は、現在大学2年生である2016年度に卒業する学生から実施されることになります。
  • また会談で首相は「成長戦略の一環として女性、若者が活躍できる社会を大事にしていきたい」と経済界に対して協力を求め、具体策として、就職活動の解禁日のスケジュールの変更に加えて
  • (1)4年生の4月からとしている面接などの選考活動も4年生の8月からに
    (2)育児休業期間を子どもが3歳になるまで延長
    (3)全上場企業で役員に最低1人の女性を登用 
       
  • このほかにも、首相は若者が多様な経験ができるようインターシップの強化や中小企業が大学生を採用しやすくする取り組みを推進するよう要請しました。
  • 現行の倫理憲章では、会社説明会などの広報活動を3年生の12月から、面接などの選考活動を4年生の4月からと規定していますが、法的な強制力はないものの、多くの学生がこの日程にあわせて就職活動を行っており、 大学関係者などからは学業がおろそかになると懸念の声が上がっていました。また、現在の就職活動のスケジュールでは就職活動に支障が出るため、学生の海外留学を妨げる要因ともなっています。
  • 会談後の記者会見で首相は、学生の海外留学にも言及しており「国際的な大競争時代にあって、求められているのは国際人材です。 今必要なのは、『世界に勝てる若者』です。しかし、日本の若者はむしろ内向きになっています。 海外留学にチャレンジしようという若者たちが評価こそされても、不利益を受けるようなことがあってはなりません。
    現行の就職活動のスケジュールを3~4カ月程度、後ろに倒し、春休みになる3月から広報活動開始、留学生たちも帰国した8月から、採用選考活動ができるようにすべきだと考えます」
    と述べています。
    新しいスケジュールが適用されれば、就職活動の期間が1年に短縮され、学生は学業に専念でき海外への留学もしやすい環境が整います。
  • スケジュール
  • 今回の首相の申し入れに対して、経団連が倫理憲章の見直しに着手するほか、日本商工会議所では「就職活動の期間が短くなっても 学生が自分に合った企業を見つけられるよう大学と連動して中小企業の就職情報提供を強化する」と表明しています。
  • 【参考出典】日本経済新聞産経ニュースフジテレビ FNNスーパーニュース
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook