ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > 「褒める」を見える化して社員のやる気を向上 株式会社シンクスマイル

「褒める」を見える化して社員のやる気を向上 株式会社シンクスマイル

  • 日本最大級のお試し体験サイト「トラコレ」を運営するシンクスマイルは、おすすめのネイルサロンやエステサロンがお試し価格で利用できる体験サイトを日本で初めて運営した企業です。 現在、シンクスマイルでは、社員同士の「褒める」を見える化した独自の人事評価システム「CIMOS(シーモス)」に取り組んでおり、人事・採用だけにとどまらず、各方面から大きな注目を集めています。
  • 社員同士の「褒める」を見える化した独自の人事評価システム「CIMOS(シーモス)」
  • 「褒める」を見える化する人事評価システムとは?
  • 人は叱られるより、褒められる方がはるかにやる気になる。
    シンクスマイルは、このような方針から「褒める」ことに重点をおいた独自の人事評価システムを構築しています。
    このシステムは、行動指針に基づいた20種類のバッチが用意されており、社員同士がお互いの良いところを見つけ、Web上でバッチを渡すというものです。
    たとえば、お客さまに感動を与えるような応対をした社員は「顧客感動バッチ」がもらえます。
    また、同じバッチを10個集めた社員はプロフェッショナルとして認定するメダルがもらえるような仕組みになっています。

    これは、いわゆる「ゲーミフィケーション」と呼ばれる手法を取り入れた人事評価システムです。バッチを互いにやりとりするという遊びの要素を取り入れながら、 社員同士の互いの良いところを褒めあい、仕事への意欲が高まる仕組みをつくり上げています。
  • ゲーミフィケーション
  • シンクスマイルの人事評価システムは、この他にも、通常の人事評価と異なる点がいくつかあります。
    まず、人事評価と言えば、社内で行うものですが、シンクスマイルの人事評価システムでは、お客さまをはじめとした社外の方々からもバッチがもらえる仕組みとなっています。
    さらに「今月のランキング」や「今週のMVP」が企業サイトのトップに表示され、社外に対しても評価がオープンに公開されており、画期的な取り組みとなっています。
  • 社外に対しても評価がオープンに公開

  • 人事評価システムで「やる気」を持続させる
  • 人事評価システム「CIMOS(シーモス)」は、もちろんバッチを与えるだけのものではありません。
    半年に1回、バッチの種類や個数を集計し「昇給」「昇進」「異動」「独立支援」などとダイレクトに連動させています。
    そして、もう1つ注目したい点が「インターンシップからの採用」との連動です。 シンクスマイルでは、エンジニアのインターンシップを積極的に行っており、インターンシップやアルバイトからの採用も、この人事評価システムと連動させています。

    ここまで、ご紹介してきたようにシンクスマイルの人事評価システムはあらゆる点で非常にオープンな仕組みとなっています。 このようなオープンな人事評価を行うメリットはどこにあるのか、詳しく検証していきましょう。
  • <Point1> 公平で、客観的な評価(360度評価)
  • 通常の人事評価システムでは、上司に絶対的な権限があります。そのため、上司との相性などに左右される面がありましたが、自分以外の周りの社員による公平で、客観的な評価が可能になります。
    また、上司から一方的に与えられた評価ではないため、評価された本人は評価に対して言い訳することができなくなります。
  • <Point2> 長所と課題を自然に把握
  • これまでの評価では、昇給や昇進などの結果にばかり目がいき、どの行動に対して評価されたのか分かりづらい面がありました。
    シンクスマイルの人事評価システムでは、リアルタイムにバッチをもらうことで、自分のセールスポイントはどこにあるのか、またバッチが集まらないことで自分の課題がどこにあるかが明確になります。
    また、記憶の新しいうちに評価されることで、その場で課題を改善し自分の成長につなげることができます。
  • <Point3> モチベーションの持続
  • この評価システムのもっとも大きなメリットは、モチベーションの持続です。
    「褒める」という行為を目に見えるかたちにして毎日の業務のなかに定着させることで、褒められたその時だけでなく、やる気やモチベーションが持続する仕組みとなっています。
  • モチベーションが持続する仕組み
  • 不景気が続き、企業の業績が伸び悩んでしまうと、人事評価は監視やチェックが目的となってしまうことがあります。
    こうした監視やチェックは、失敗を怖れるあまり、積極的な行動にブレーキをかける要因となっている場合も少なくありません。
    しかし、本来の人事評価システムとは、社員のやる気と積極的な行動を引き出し、企業の業績を伸ばすためのものです。

    シンクスマイルでは、バッチを互いにやりとりするという遊びの要素を取り入れることで、これまでの人事評価システムの問題点に風穴をあけ、社員のやる気と行動を引き出すオープンで公平な人事評価へと進化させています。
  • 【参考出典】
    株式会社シンクスマイル「CIMOS(シーモス)」http://5smile.com/vision/cimos
    月刊総務 2013年5月号「ソーシャル時代の人事評価とは」
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook