ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > 2016年度新卒に向けてのキーワードとは?

2016年度新卒に向けてのキーワードとは?

  • 2013年度の新卒採用で話題となった「ソーカツ」。
    倫理憲章の改定で広報活動が12月1日からと短期間化したことがきっかけとなり、これをきっかけに採用にTwitterやFacebookを導入する企業がいっきに増えました。
  • それでは、2016年度の新卒採用では、何がトレンドとなるのでしょうか?
    2016年度の新卒採用では、3月1日からの広報活動となり、現在のさらに3カ月の後ろ倒しとなるなかで、注目されているのが「インターンシップ」です。
  • マイナビの「2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査」によれば、インターンシップの受入れ企業数が「増加」した大学は17.8%で、国公立の大学ではさらに増えて20.8%という結果になっています。
  • インターンシップ参加学生数の増加
    【出典】:マイナビ「2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査」
  • 一説によれば、今年度の企業のインターンシップの参加率は3割を超えているという話しもでてきています。
  • しかし、問題なのはインターンシップを実施する目的です。インターンシップを実施する目的がはっきりしていない企業は「効果が認められない」といった話しも聞こえてきます。
    採用活動だけでなく、インターンシップにおいても競合が増えてきているなかでのポイントは、他社が実施しているから取りあえず実施する、ということではなく、 明確な目的と戦略を練って挑むことが重要になってきています。
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook