ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > 異業種の多彩な人材で地域の課題に取り組む

  • 異業種の社員が集まり、地域の難しい課題を解決する取り組みが始まっています。

    集まったのは、アサヒビール株式会社、株式会社インテリジェンス、株式会社電通北海道、日本郵便株式会社、ヤフー株式会社(以下Yahoo! JAPAN)の5社。プロジェクトのその名は「課題解決プロジェクト」。このプロジェクトのミッションは、北海道上川郡美瑛町(以下、美瑛町)が抱える課題の発見から実施可能な解決策の提案までの地域の課題解決に約半年間の予定(2014年5~10月)で取り組んでいます。
  • 多彩な人材が難しい課題を解くカギに!
  • この活動の背景となっているのが、東日本大震災の後、2012年7月にYahoo! JAPANが宮城県石巻市に開設した「ヤフー石巻復興ベース」です。Yahoo! JAPANの社員が復興ベースに常駐し、地域に暮らす方々と一体になって東北地方の震災復興に取り組みました。

    こうした経験から、地域が直面する課題の解決には、多様な価値観、経験を持つ人材の掛け合わせが重要だといった考えに至り、美瑛町の課題解決プロジェクトでは賛同を得られた異業種4社との合同プロジェクトを推進しています。
  • 異業種混合チーム(4~5名)に美瑛町職員または町民1名加わり、約6チームを編成。各チームが  「医療」「農業」「教育」「商業」「観光」などに携わる町民の方々の声を直接聞き、フィールドワークを通じて課題を発見して具体的な解決策を導くことを目的としています。
  • 人材育成の試験的な取り組み
  • Yahoo! JAPANでは、情報技術で人々や社会の課題を解決する「課題解決エンジン」を企業理念に掲げており、日常の小さなことから大きなことまで、世の中にある様々な課題を誰よりも速く「爆速」で解決することをミッションとしています。そして「これまでよりも美しく、より良い社会を次世代にバトンタッチし、未来の人々を幸せにする」ことをめざしています。

    今回の課題解決プロジェクトは、Yahoo! JAPANが美瑛町の廃校となった小学校を中心に、地方の疲弊、少子高齢化の進展などの現状を目の当たりにし、小学校を活用した教育研修やワークショップなどを行うための施設を2015年春に開設する取り組みのなかで実施されています。

    現在、企業では少子高齢化の進展、グローバル化への対応や企業間の競争激化により、人材育成に注力しており、異業種混合で編成されるチームのなかには、各企業の人事担当者が1名参加しています。また、東京大学・中原淳准教授が人材育成の立場から、企画・監修・ファシリテーターとして参加。このプロジェクトは、社会の難しい課題を多様な人材が集まり、知恵を出し合うことで解決するということが”ねらい”となっていますが、「人材育成」という側面でも試験的な取り組みが行われています。

    課題解決のスピードがさらに求められる今、企業文化の異なる人材がタッグを組むことで、果たしてどのような効果が生まれるのか、各方面から大きな期待が寄せられています。
  • 【参考出典】Yahoo! JAPAN プレスリリース
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・コストをかけずに自社で採用広報に取り組みたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    採用広報の企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook