ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > 大手企業に振り回されない「都築電気」の取り組み

内定辞退が深刻化するなかで、中小企業の魅力を打ち出し、内定辞退そのものを食い止めている企業があります。半導体や電子部品の製造・開発を手掛ける都築電気株式会社(以下、「都築電気」)です。
  • ■大企業にない強みを打ち出し、選ばれる企業へ
  • 都築電気が取り組んでいるのが、若手社員に大きな裁量権を与える「若手育成プラン」です。この取り組みは、今年から実施しているもので、20代の社員数人を抜擢し、プロジェクト責任者として役員に直接、企画・提案をする機会を設けています。 
  • 若手社員が、直接、自分のアイデアを役員にぶつけるということは、大手企業ではなかなか難しいことです。自分の頭で考えたアイデアが実際に具現化できること、そして自分の意志で新たな道を切り拓いていくことが、若手社員の大きなやりがいとなっています。
  • そして、このように若手社員が生き生き働ける環境こそが、都築電気独自の強みになっています。
  • ■内定辞退そのものを食い止める対策も!
  • 都築電気の会社説明では、学生との「対話」を大切にしています。何をやっている会社ではなく、どのように働けるかをお互いにぶつけあい、“納得して入社してもらう”というスタンスを貫いています。また、配属後も社員一人ひとりの適性を見ながら長期のキャリアプランを示し、それぞれの社員の成長を支援する環境を整えています。
  • このような都築電気の社風に魅力を感じて自らの意志で企業を選び入社してくるため、離職率はわずか1.4%。大手企業の採用選考が後ろ倒しになった今年度も、内定辞退者はほとんどなく、募集人数の30名を順調に獲得しています。
  • ご存知のとおり、今年は、大企業と中小企業の採用選考時期が逆転しているため、大手企業の選考時期を前に中小企業の内定を辞退する学生が相次ぐという現象が起きていますが、都築電気の担当者は、若手育成プランをはじめとした取り組みが、内定辞退を防ぎ、さらに就活生へのアピールにつながっていると言います。
  • 攻撃は最大の防御と言いますが、都築電気は攻めの姿勢を貫くことで就活生たちから選ばれる、先手必勝型の就職戦線を繰り広げています。
  • 【参考出典】  都築電気「新卒採用サイト」
      NHKニュース
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・求人サイトに掲載してもエントリーがなかなか集まらない
    ・入社意欲の高い人材をピンポイントで出逢いたい
    ・これまでとタイプが違う人材を集めたい
    ・人材と個別に接触できる施策に興味がある      など
    「採用コンサルティング」のご相談はこちらからご連絡ください。
ibuki

ソー活入門



rss

facebook

facebook