ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > トレンドウォッチ:留学経験者に向けた就職説明会を実施

留学経験者に向けた就職説明会を実施 経団連

  • 留学経験者に向けた就職説明会を実施
  • 円高や国内市場の縮小などから海外の市場に活路を見出す企業が増加しており、海外で活躍できる人材の獲得を積極的に採用する動きが強まっています。経団連は、海外留学を経験した大学生を対象に就職説明会を実施しました。
  • 34社の会員企業と300名の学生が参加
  • 日本経済団体連合会(以下、経団連)は、8月4日、海外留学を経験した日本の大学生や大学院生を対象に就職説明会「グローバルキャリア・ミーティング」を開催しました。 トヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行などの会員企業34社と約300名以上の学生が参加しました。

    新卒の場合は、3年生の12月に就職活動が解禁されることから留学生が帰国すると採用が終了していたり、就職活動期間が短くなるため、留学を躊躇する学生が増えていることが以前から問題視されていました。 また、東京大学では秋入学を導入を提唱しており、大学のグローバル化が今後はますます進んでいくと考えられています。 今回の就職説明会では、留学を希望する学生の精神的な負担を軽減し、留学を希望する学生を増やすねらいもあったといいます。 留学経験者に向けた就職説明会の成果があがれば、「内向き志向」といわれる大学生の目を海外に向けさせるきっかけになるのではないかと期待されています。
  • 留学経験者に向けた就職説明会を実施
  • バイタリティあふれる留学経験者に企業が注目
  • 最近の日本企業では、外国人を含めて海外で通用する人材を積極的に採用する動きが強まっています。 経団連が主催する就職説明会のほかにも、就職サイトが主催する就職説明会も年々、参加する企業が増加しています。

    海外留学を経験した大学生に人気が集まっている理由は、語学力の高さだけではありません。 言葉や文化の壁を乗り越えて海外で生活した経験やその精神的な強さが評価され、留学経験者を積極的に獲得する動きが増えています。 最近は、若年層の新型うつが企業の中でも問題になっています。 バイタリティにあふれ、ストレスにも強い、ポテンシャルの高い学生を効率よく採用するという意味でも、海外で通用する優秀な人材の獲得に注目が高まっています。
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook