ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > トレンドウォッチ:ユニークな採用で即戦力になるエンジニアを獲得「サイバーエージェント」

ユニークな採用で即戦力になるエンジニアを獲得「サイバーエージェント」

  • ユニークな採用で即戦力になるエンジニアを獲得「サイバーエージェント」
  • サイバーエージェントでは、昨年から、サーバ・インフラからアプリケーション開発、UI/UX設計に至るまで、エンジニアの力を重視する「エンジニア企業」であることを宣言しています。

    即戦力になる優れたエンジニアを採用するため、経営トップ自らがエンジニア採用に力を注いでおり、その採用戦略はとてもユニークです。 まずその採用人数ですが、現在の技術職の1.5倍に当たる1600人のエンジニア体制をめざしており、今期(2012年9月期)中には中途採用で400人を採用し、来期も500人程度の採用を予定しています。

    この大量採用の背景にあるのが、スマートフォンへのシフトです。PC・携帯向けのサービスを手掛けていた社内のエンジニアが一斉にスマートフォンの開発に移行していますが、それでも人材が足りないのが現状です。

    サイバーエージェントが求めているのは、単にアプリを移植するエンジニアではありません。 技術力があって、さらにサービスにも関心があるエンジニアを求めています。こうした即戦力となる人材と出逢うチャンスを増やすために、エンジニアの心に届く採用手法を導入しています。
  • ユニークな採用で即戦力になるエンジニアを獲得「サイバーエージェント」
  • 腕に覚えのあるエンジニアを採用する「コード採用」
  • プログラミングスキルに自信のある学生を対象に、面接などの就活にまつわるハードルを可能な限り取り除き、プログラミングスキルのみで合否を決定するのが「コード採用」です。 採用試験では、特定のテーマに対してJavaを使用してプログラムを組み、そのソースコードを提出のみ。
    腕に覚えのある技術系の学生ならば自分の力がどこまで現場で通用するか、試してみたいと思うのは当然のことですが、学歴不問、面接なし、さらにプログラミングスキルだけで合否が決まるとなれば、 応募意欲が駆り立てられるのではないでしょうか。

    Javaはサイバーエージェントの開発で最もよく使われる言語であり、その技術力とセンスが問われるものです。 このコード採用は、新卒を対象に今年の8月に新卒を実施され、採用予定数は若干名。 すべての新卒者をこの方法で採用するわけではありませんが、コード採用を通じて優れた技術者の卵たちの発掘の場所になっています。
  • 新規事業のアイデアを社内外から募る「モックプランコンテスト」
  • モックプランコンテスト
  • サイバーエージェントのもう一つの試みは、スマートフォン向けのサービスアイデアをモックアップ(試作品)により競い合うコンテストです。このコンテストのユニークな点は、 社内エンジニア・クリエイター向けにも実施しているほか、時期をずらして一般社会人向けと学生向けの2つの部門でもコンテストを実施している点です。

    シミュレーターや画面遷移などがわかるエントリーシートで一次選考を行い、決勝プレゼンでは制作したモックアップを実際に動かしながらアイデアを競うというものです。
    アプリ開発を行う企業では、最近、新規事業を生み出すための仕掛けづくりは、どこの企業でもやっていることですが、サイバーエージェントのコンテストは、コンテストのためのコンテストではなく、より具体的なサービスが求められています。
    審査も (1)流行るか、(2)ハマるか、(3)実現できるかの3つの観点をポイントに審査され、即事業化できるかがどうかが評価の基準となっています。

    社内の優勝者には賞金200万円と応募作品を事業化するチャンスが与えられ、また一般向けと学生向け部門でも金賞200万円のほか、賞金総額500万円が与えられます。
    金賞の受賞者には、事業化支援のほか、サイバーエージェントに入社を希望する受賞者(エンジニア)は就職・転職内定の権利も与えられます。
  • 技術力の向上を支援する「エンジニアカデミー」
  • 技術力の向上を支援する「エンジニアカデミー」
  • サイバーエージェントの採用がユニークなのは、社内外を問わずインターネット業界で働くエンジニアやクリエイターに広く門戸を開いているところです。 昨年から始まった「エンジニアアカデミー」「クリエイティブアカデミー」は、インターネット業界で働くエンジニアやクリエイターのスキルアップを支援し、未来のインターネットサービスを創る技術者を育成するプログラムです。

    技術力向上支援を掲げたこのアカデミーは、休日に無料で開講。そのため、現在の仕事を続けながら通学が可能です。 サーバーサイドWebアプリケーション、iPhoneアプリ、HTML5/CSS3/JavaScriptなどの講座が開かれ、これまで延べで100人以上が受講してきました。 このアカデミーの最終日には課題の提出があり、課題と面接にパスした受講生は採用試験の一部の選考ステップをスキップできる特別選考パスが付与されており、受講者の半数以上が講座修了後にサイバーエージェントに入社しています。

    一般的にセミナー採用は効率が良いと言われていますが、サイバーエージェントではそのレベルや質を高く保つために社内の優秀なエンジニアも参加させており、採用コスト・労働コストという意味では決して効率の良いものではありません。 全体的なコストはかさみますが、このアカデミーを通して即戦力となる優秀な人材を獲得しています。

    他社に先駆けて、IT業界を変える採用モデルに挑戦してきたサイバーエージェント。 サービスだけでなく、採用手法でも業界をリードし続けています。
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook