ソー活タイムズは、ソーシャル時代の新しい採用やソーシャルリクリーティングのヒントになる最新情報をご紹介するサイトです

HOME > トレンドウォッチ:大学生に人気上昇中のメディアとは?

大学生に人気上昇中のメディアとは? 英会話Gaba「大学生・大学院生のSNS利用に関する調査」

  • 大学生に人気のあるソーシャルメディアは、Twitter、そしてmixi。次いで人気のあるメディアは? 英会話のGabaが実施した「大学生・大学院生のSNS利用に関する調査」のご紹介と、その結果を分析します。

  • Twitter、mixiを席巻する「LINE」。
  • 英会話スクールを展開するGabaが実施した「大学生・大学院生のSNS利用に関する調査」 (調査実施:2012年9月)
    によると、男女1000名の学生に、現在、利用しているソーシャルメディアについては聞いたところ、「Twitter」58.7%が最多で、「mixi」56.5%、「LINE」43.9%、「Facebook」42.5%、 「Mobage」40.6%、「GREE」37.1%という結果になりました。
  • Twitter、mixiを席巻する「LINE」。
  • この結果から、学生の多くが複合的にソーシャルメディアを利用しており、学生のライフスタイルにソーシャルメディアが浸透していることが分ります。
    また注目すべき点は、携帯電話やスマートフォンで登録ユーザーを増やしているLINEの人気が高いことです。
  • rese mom
  • LINEは、2011年6月にサービスが開始されたメディアですが、わずか1年あまりで世界8,000万人・国内3600万人の登録ユーザーを達成しています。(2012年11月現在)。
    日本では若年層や女性に人気が高く、海外では中東・東南アジア、ロシア周辺諸国を中心に利用者を飛躍的に伸ばしているメディアです。

    同調査でもLINEの利用率に注目して見ていくと、学年別では、大学1年生のLINEの利用率が60.8%で、1位という結果が出ています。
    また男女別で見ていくと、男性37.4%に対して、女性49.4%と女性の利用率が10ポイント以上、上回るという結果が出ています。

  • Facebookは「就職活動に強い」は本当か?
  • 新しいメディアが、つぎつぎと登場するソーシャルメディアの市場。
    その中でも、Facebookは「就職活動に強い」と言われていますが、その本当の実態はどのようになっているのでしょうか。

    この調査で、就職活動に役に立つと思うソーシャルメディアは何か?と聞いたところ、「Facebook」61.7%が最多で2位を大きく引き離し、「Twitter」39.3%、「LINE」 10.6%、「mixi」10.6%という結果になりました。
  • rese mom
  • また、就職活動経験者(現在就職活動中、または就職活動を終えた500名)に、実際に就職活動で利用したことのあるソーシャルメディアについて聞いたところ、「Facebook」25.4%が最多で、「Twitter」21.6%が続いています。

    この結果から、就職活動においては半数以上の学生がFacebookを意識しており、実際にも4人に1人の大学生がFacebookを利用していることが分ります。
  • 就職活動にどのように活用しているのかという問に対しては、「志望企業の情報収集のため」55.1%が最多となっています。
    また、半数以上の学生が「就活でのSNS利用が怖い」と回答しており、オフィシャルな場での発言やコミュニケーションに躊躇していることが読みとれます。
  • オフィシャルな場での発言やコミュニケーションに躊躇
  • 昨年、米フェイスブックでは、利用者が10億人に達したと発表し、インターネット利用者の約半数が利用していることを言及しています。
    (2012年10月現在)ソーシャルメディアは、これからも変化を繰り返しながら大きく成長していくことでしょう。
    企業にとっては、学生の動向や世界のソーシャルメディアの動きを注意深く見ながら、採用戦略にあわせてメディアの選定を行っていく必要がありそうです。
  • ◆こんなお悩みはありませんか?◆
    ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。
    ・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。
    ・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?
    ・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など
    ソーシャルリクルーティングの企画・運用・効果検証についてのご相談はこちらからご連絡ください。

ibuki

ソー活入門

rss

facebook

facebook